教育方針

未就園児保育

一日の流れ

クラス編成

通園

園服・体操着

延長保育

課外の活動

施設紹介

費用

給食


教育方針


健康で明るく意志の強い子ども、情操豊かに正しい社会的知性を持つ子ども
以上の教育目標に沿って、楽しい集団生活の中から基本的生活習慣(しつけ)の育成に努力します。


  ○園訓
あかるく・・・何ごとにも伸び伸びと、活力のある子ども
なかよく・・・人の気持ちを考えられる子ども、思いやりのある子ども
たくましく・・・心も、体も、我慢強い子ども


  ○園の特色

   ・引き出す保育
徳丸幼稚園では、子供達に教師主体の『与える保育』はしておりません。
子供の個性尊重の上に立って、子供の発想を重点的に考える、子供主体の『引き出す保育』
を実施しております。教師と子供達の話し合いの中から子供達の意見を引き出すとともに、
子供達の活動する意欲を高め、教師の意図する方向に保育を展開していけるように、
日々研究を重ねております。

   ・はだし教育
幼児の土踏まずは、小学校入学時には、ほぼ完成します。今の子供達は、素足になる
機会が少なくなっています。靴や靴下を長時間使用することは、足が本来持っている機能を
損なうものです。当園では、土踏まずの形成と外反母趾予防の健康作りの為に、
園舎内でのはだし生活を奨めています。また、夏季には園庭でも、はだしで活動します。

   ・ひらがな指導
幼稚園は、小学校の準備段階ではありません。3歳~5歳までに、学ぶべき事は、
英語や漢字ではないと考えています。当幼稚園では、遊びを通して集団生活の中から、
基本的生活習慣(しつけの)育成に努力しています。ただし、『ひらがな』については、
年長時より文字への意識付けとして、『ワークブック』を実施しております。
小学校へ入学した時に、全員がひらがなを読んで・書ける事を目標にしております。

   ・正課の体操について
正課(保育時間中)については、年長組は毎週月曜日に、年中組は毎週木曜日に、年少組は
6月から月2回金曜日に、専任の体操講師(親子体操の吉田勝人先生)が指導にあたります。
課外活動についてはこちらをご覧ください。

   ・夏季保育
1学期の最終土曜日に、盆踊りを行っております。また夏季休業中に、すいか割りと
お泊り会(年長児のみ)が実施されます。その他、前半4日間・後半4日間、夏季保育を実施
しております。この行事の無い夏季保育期間中も、延長保育を実施しております。

   ・お弁当と給食について
徳丸幼稚園では基本的にはお弁当を推奨しております。なぜなら、幼児期における食事の量には、かなりの個人差 があり、また健康管理上、お弁当だと、その残り方により子供の健康状態が分かります。そして お弁当箱の中には、食べ物と一緒に、何よりも家庭のぬくもりが凝縮されているはずだからです。
しかし、時代の変化と共に給食の必要性も感じ始め、2017年より給食も選択できるようになりました。
ご希望の方はぜひご利用下さい。
当サイト内の画像・文章等の無断転載や無断使用を禁じます。
Copyright (C) Tokumaru kindergarten All Rights Reserved.