平成28年

6月号


皆さんは「弁当の日」というのをご存知でしょうか。

これは、献立、買い出し、調理、弁当箱詰めから片付けまで子どもが一人で全て行う日を作るというものです。

この活動の考案者である竹下和男氏は、香川県の小学校の校長先生などを経て、現在この活動を全国に広めようと様々な場所で講演会を開いています。

この方は、映画化やドラマ化もされた「はなちゃんのみそ汁」の原作者とも交流があり、講演会ではこの話を積極的に広めています。


先日機会があり、私もその講演を聞きに行くことが出来ました。

「はなちゃんのみそ汁」を知らない方の為に簡単にあらすじを説明しますと、末期ガンに侵された母親が最期に伝えるものとして、

5歳の娘に自分のことは全て自分でできるように掃除や洗濯、更にはご飯の作り方まで教えます。

そして、母親が亡くなった後に、はなちゃんは父親にご飯を作ってあげるのです。

これはスライドショーで流れたのですが、大変感動しました。


また、「弁当の日」についての話では、この活動を行うことの意義にとても共感することができました。

そのお話しの中で一番印象に残っているのが、「もし今、不慮の事故で死んでしまっても死ぬ間際に“今日までの自分の子育てに悔いはない。

伝えるべきことは伝えてきた”と言い切れる方は手を上げて下さい。」という質問でした。

この質問には、その会場に来ているほとんどの親が手を上げることが出来ませんでした。

私も恥ずかしながら手が上がりませんでした。

とは言え、子どもに何を伝えていけばいいのでしょうか。


教育水準が高まる今の世の中において、勉強ができるかできないかで子どもの良し悪しが決まってしまう傾向があります。

ただ、それは親がずっと健在であるという前提の上での話です。

親が食事はもちろんのこと、掃除、洗濯などの生活に必要なことを全てやってあげられるからこそ、子どもは勉強だけに集中できます。

しかし、もし親が急にいなくなってしまった時に、勉強だけができても果たして役に立つのでしょうか。

最近では、大きい地震が相次ぎ、近い将来の安全すら保障されないのだと実感せざるを得ません。

もしもの時の為に、本当に伝えるべきことは、自分一人でも生きていける術、生きる力、自立心ではないでしょうか。

そんなことを考えさせられる講演でした。


「弁当の日」では自分で料理を作ることによって、普段ご飯を作ってくれる人に対して感謝の心が持てるように。

また、自分で食材を選ぶことによって、食材を生産してくれている人の存在に気が付き、食べ物を大切にするように。

献立を自分で考えることにより、バランスのよい食事を摂取できるように。

他にも様々な狙いがあり、これは食育にも繋がっていきます。

このような素晴らしい活動が全国に広がって欲しいと思うとともに、幼稚園でも何かしらできることがあれば、

ぜひ取り入れていきたいなと思いました。





カレンダー(2016/6)
6月の予定未就園児教室
火曜のクラス 10:15~11:30
水曜のクラス 10:15~11:30
木曜のクラス 10:15~11:30
金曜のクラス 10:15~11:30
(日)(月)(火)(水)(木)(金)(土)



1日
2日
3日
4日
休園
5日
休園
6日
7日
歯科検診
8日
避難訓練
9日
10日
11日
研究保育
12日
休園
13日
14日
15日
16日
17日
18日
休園
19日
日曜参観日
20日
振替代休
21日
22日
23日
24日
誕生会
25日
休園
26日
休園
27日
芋掘り(た・す)
28日
芋掘り(も・さ)
29日
30日
芋掘り(ば・ふ)



<お知らせ>
1日(水) 衣替え  夏服登園となります。  
4日(土) 研究保育  ちゅうりっぷ・ばら組のみ登園となります。  
10日(金) 園外保育  
19日(日) 日曜参観日 10:20~11:00  降園 11:30
24日(金) 誕生会 ホールにて 10:30~
27日(月) ジャガイモ掘り  年中(たんぽぽ・すみれ組)のみ 
28日(火) ジャガイモ掘り  年長(もも・さくら)のみ 
30日(火) ジャガイモ掘り  年長(ばら・ふじ)のみ 

年 長 虫歯予防・時の記念日・お父さんありがとう・楽器あそび (1日~30日)
・自分の生活を通して時間に関心を持つ
・お天気調べをする
・梅雨について話し合う
・梅雨時の動植物を観察する(かたつむり・かえる等)
・お父さんの仕事を知り、感謝の気持ちをもってプレゼントを作る
・楽器の扱い方を確認し、簡単なリズム打ちをする

年 中 虫歯予防・お父さんありがとう・梅雨の様子 (1日~30日)
・歯ブラシを作り、歯磨き体操をする
・お父さんの仕事について話し合い、感謝の気持ちをもってプレゼントを製作する
・梅雨時の自然現象や身近な動植物に関心をもって観察する

年 少 歯磨きの大切さを知る・身近な動植物に興味を持つ・ お父さんに感謝の気持ちを持つ (1日~30日)
・絵本や歯磨き体操を通して、歯磨きの大切さを知り、歯ブラシを作る
・色々な小動物の歌をうたったり、身体表現をする
・雨の日の室内遊びを楽しむ
・父の日の話を聞き、プレゼントを作る